治ったあとのニキビ跡が気になる

ニキビが治ったと喜んでいたのもつかの間、お肌をよく見ると

治った跡が茶色になってるという経験はありませんか?

ここでは、一般的な炎症性ニキビよりもなかなか治りにくいと言われている

ニキビ跡の対処方法について考えてみます。

ニキビ跡の種類は

はじめに、治りにくいと言われているニキビ跡とはどういう状態なのかご紹介します。

じつは、ニキビ跡には大きく分類して3種類の状態があります。

①色素沈着状態

赤色とか茶色の染みがついた状態のもの。ただし、これは紫外線で出来たシミとは

違います。

②クレーター状態

皮膚表面がデコボコの状態になったクレーター状のもの。

ニキビを押しつぶした場合に出来てくる状態。

③ケロイド状態

皮膚が肥厚して盛り上がった状態で、炎症が治まってからも赤み・痛みなどを伴っている。

このように、ニキビ跡の種類によって外見上はまるっきり異なりなすが、いずれにしても

ニキビが消えてから、なかなか治らないのは共通しています。

お肌のターンオーバーがきちんと機能しなくなるために長い間治らなくなってしまいます。

ニキビ跡の基本的な対処方法とは

ニキビが治ったあとのニキビ跡に関しては、肌のターンオーバーの

自然回復力をフォローアップするのが重要です。

ニキビ跡の3種類のなかでクレーター状態になりますと皮膚科専門医に

診てもらうほうがいいですが、

他の色素沈着とか軽度のケロイド状態の場合には基本的な対処方法で大丈夫です。

ただし、基本的に肌のターンオーバーのサイクルが戻るまでに時間がかかることは

忘れないでください。

また、加齢による影響で、さらにそのサイクルが長くなってきます。

①ピーリング週に2~3回実施

ピーリングつまり、古い角質を取り除いて、肌本来の新しい角質に取り戻すことですが、

ピーリングには、ケミカルピーリング・クリスタルピーリング・レーザーピーリングの

3種類があります。

ここでは、もちろん、AHAあるいはBHAを用いたケミカルピーリングのことです。

最初に実施するピーリングはマイルなAHAから始めるのがおすすめです。

②ビタミンCを含む化粧水・サプリメントの摂取

ニキビ跡が残らないように、ビタミンC誘導体が入っている化粧水を使用したり、

また、サプリメントのビタミンCやLシステインなどを摂取することも効果的です。

③保湿

皮膚表面が乾燥していたり、水分が不足した状態だと皮脂腺から過剰に皮脂が分泌されて

ニキビ跡が悪化します。皮膚表面をしっかり保湿した状態に維持すると皮膚のバリア機能も

回復し肌のターンオーバーを促進してくれます。

投稿日:

なかなか治らない大人ニキビ

ストレスは美容の大敵!とよく言われますが、さまざまな面で変化の激しい現代では、

日々の生活にストレスを感じることなく生きることは、ほとんど無理に近いものがあります。

じつは、そんなストレスが、ニキビとも深い関連性を持っています。

一言でストレスといっても、紫外線などによる外的ストレスや、

食事や睡眠などのライフサイクルから来る内的ストレスがあります。

また、日々の生活の中で生じるメンタル的なストレスなども挙げられ、

現代においてはストレスも色々あって複雑になってきています。

大人ニキビの大敵とは?

じつは、なかなか治らない大人ニキビではストレスと化粧が大きく関係を持っています。

ここでは、2つの大敵について解説していきます。

大敵①ストレス

ストレスを浴びると、ホルモンバランスがうまくコントロールできなくなって、

男性ホルモンの一つであるアンドロゲンが大量にあらわれてきます。

このアンドロゲンが出現すると皮脂の分泌が盛んになってしまうため、

皮脂過剰となりニキビができやすくなってしまうのです。

このため、ストレスが多いとニキビができやすいという状況になっていきます。

毎日ストレスの多い生活をしていると、ホルモンのバランスが崩れて、

皮脂腺の皮脂分泌のコントロールができなくなり、肌トラブルが

発生してくることを意識しましょう。

こんなストレス状態から脱出するのはなかなか困難ですが、出来る限り、

規則正しい生活をすることが基本になります。

午後10時~午前2時は、肌のターンオーバーが促進されますが、この時間に起きていると、

お肌のトラブルが発生しやすくなります。

なるべく早く就寝するように習慣を変えていきましょう。

また、就寝する前3~4時間は甘いものなどを避け、睡眠を十分にとり、

お肌の新陳代謝がきちんとおこなわれるような環境作りが重要です。

休日には、適度な運動をすれば、新陳代謝が促進されて睡眠も深くなっていきますので、

自分に合った工夫を考えてみてください。

大敵②化粧

いつも化粧をして、クレンジングで落とすという行為を積み重ねる事が、お肌に

どんなにデメリットをもたらしているかじっくりと意識してみましょう。

女性の場合では、20歳を上回る頃から、ほぼすべてのにきびは

顎周り、口周りの部位、いわゆるUゾーンに限定されてきます。

毎日メイクアップをして、洗顔などの過剰なスキンケアが、皮脂分泌のの少ないUゾーンで

トラブルを引き起こしてきます。

そのダメージを回復しようとして、皮脂分泌が活発になって、

その皮脂が毛穴などに詰まって皮膚のバリア機能は破綻していきます。

大人ニキビができるUゾーンのニキビは洗いすぎてはダメなんですね。

できるかぎり、簡単に化粧して、やさしく洗うように心がけしましょう。

投稿日:

ニキビはできるエリアによって違う?

ニキビはできるエリアによって体のトラブルを示すサインになっていると言われています。

ニキビができた部位からどのような要因で発生したのか予想ができるとのことです。

そうだとしたら、実際はどの部分にできるニキビがどのようなサインを示しているのか

調べてみました。

部位別のニキビ対応とは

ここでは、部位別に発現したニキビをご紹介します。

ほほに発現したニキビ

頰に出来上がったニキビは、砂糖の過剰摂取が原因と言われています。

フードスタイルからお菓子などを出来る限り減らすだけでも、予防できるとのことです。

この他には、頰に当てることの多いスマホなどもニキビの原因になります。

スマホのディスプレイには、握った手からついた汚れや、

顔からついた皮脂成分とか化粧品などが付着しています。

その付着成分から増殖したバイ菌が、またお肌につくことで、

ニキビを生じさせることもあります。

出来る限り、スマホは顔に近づけないようにして、ときどき

ディスプレーはきれいにふき取るようにしましょう。

アゴに発現したニキビ

アゴにできてしまうニキビは、カラダの中のホルモンバランスが

悪くなった時にできちゃいます。

ホルモンのアンバランスから起因するニキビは、

ストレスによる男性ホルモンの増大が原因になったり、

女性においては、生理の7日~10日前あたりに発生しやすくなります。

こんなときには、生活習慣とストレスの状況を見直す必要があります。

毛の生え際に発現したニキビ

髪の毛の生え際や耳の近く、頬の端などに発現したニキビは、

利用している化粧品が毛穴に詰まったことがきっかけとなってできることが多い。

また、シャンプーなどのケアアイテムに含まれる油分などの成分が、

毛穴の詰まりとか炎症を引き起こすことも考えられます。

このような部位のニキビに困ってしまっている人は、

もう一度、スキンケアを見直して、オーガニック成分の化粧品を

検討することが、重要です。

おでこにできるニキビ

このあたりにできるニキビは、ストレスや睡眠不足または、

アルコールなどによる肝臓の不調が要因となっていることもあるとのことです。

一方、胃の不調など消化不良が要因となっていることもたくさんあるので、

フードスタイルの乱れにはしっかりと留意しましょう。

Tゾーンにできるニキビ

思春期時代に多いのですが、顔が皮脂分泌過剰になっている方は、

Tゾーンにニキビができやすくなるとい言われています。

Tゾーンは、生理的に顔の中では分泌の活発なところですが、

それだけでなくスキンケアで顔に使うコスメが毛穴を詰まらせたり、

刺激を与えたりしてニキビを発生させることもあります。

このあたりのニキビが気に掛かる人は、毛穴を詰まらせないように意識して

ノンコメドジェニックのコスメなどを検討しましょう。

投稿日: