にきびができにくいお肌に変わるスキンケアとは?

ニキビのスキンケア対策は、にきびができにくいお肌環境に変えていくことが大切です。

素肌をきれいに維持し、にきび肌に最適なうるおいを補充し、毛穴のつまりもガードします。

スキンケアの基本にあるのは、お肌をきれいにし、うるおい対策を持続しながら、紫外線から守り、美しくメイクすることです。

基本をきちんと実践することで、皮膚が丈夫になり、健康的な状態に保つことができます。

お肌をトラブルから守り、美しく化粧して 紫外線や乾燥からお肌をまもることが本当に大切です。

にきびスキンケアの基本とは

1.うるおいを持続する保湿

乾燥やストレスからお肌をまもる。水分と油分のつり合いをととのえ、うるおいのある健やかな状態を保つ。

油分の含まれている化粧品はにきびが起きる原因になってしまいそうと、

乳液やモイスチュアクリームを使うことに

抵抗がある方もいらっしゃるのかもしれません。

化粧水のみの保湿では素肌のモイスチュアをしっかりと保持することができないため、

皮膚はすぐに乾いてしまいます。

素肌が乾燥するとターンオーバーがアンバランスになり、

古い角質が詰まりやすくなり、毛穴が詰まる原因にもなります。

適度なモイスチャー対策をすることでお肌の質がよくなり、

あり余った皮脂もセーブされます。

ニキビ肌に適した化粧水、乳液やクリームを使ってお肌にしっかりと

モイスチャーを与えることが基本です。

2.UV(紫外線)カット

強い紫外線からお肌をまもる ことも大切です。

紫外線はにきびが悪化する原因のひとつになります。
紫外線によって活性酸素が発生し、皮膚のバリアー機能が低下してしまいます。

このため素肌は乾燥し、毛穴が詰まりやすくなり、にきびの悪化につながっていきます。

お出かけの際には、UVカット用日やけ止めを塗り、紫外線をしっかりと遮断します。

紫外線をしっかり遮断して、日やけによるトラブルからお肌をまもることが基本となります。

3.きれいにする洗浄

素肌をキレイにしておく、 汗や皮脂、ほこりなどお肌についた汚れをきれいに洗い流すことが大切です。
洗顔料を使った洗顔は、一般的に、朝と寝る前の1日2回が目安です。

洗顔後はお肌にうるおいを与えることを忘れないでください。

ニキビだからといって洗浄する力の強い洗顔料で過度に皮脂をとりすぎたり、こすりつけてニキビをつぶして刺激を与えたり、

たっぷり保湿をおこなわなかったりすると、ますます皮膚のバリア機能悪化の引き金となってしまいます。

まずはお肌にダメージをもたらさないスキンケアで皮膚のバリア機能を強化して、

にきびが出来にくい環境に変えていくことが重要です。

4.適切なお化粧をする

あなたに合ったお化粧で、素肌をまもり美しくする。

化粧品の使いすぎや洗い残した化粧品なども、にきびの悪化の引き金となります。

ニキビ肌に最適なメイク落としや洗顔料をピックアップし、素肌をキレイにしておくことが、スキンケアの第一歩です。

お化粧はニキビ痕などのにきび肌の悩みを分からないようにさせる影響だけでなく、

素肌を乾燥や太陽光に含まれる紫外線などの刺激からまもります。

ニキビ肌向けの低刺激性の化粧品を選択して、適切に使用しましょう。

投稿日:

にきびができる原因とは?

ニキビはほとんど思春期に起こり、思春期のシンボルとも言えそうですが、

じつは、20代・30代における大人ニキビで悩む方は相当いらっしゃいます。

思春期を過ぎてからの大人ニキビでは、ニキビ以外にもニキビ痕や毛穴の目立ち、

カサつきなどといったいくつかの肌トラブルの悩みがあることがよくあります。

ニキビは皮脂の分泌が多くある思春期に経験する確率が高いことから、

皮脂が原因と考えられることが多いですが、過剰な皮脂分泌だけが引き金ではありません。

年齢・ホルモンバランス・ストレス・生活習慣の乱れ・正しくないスキンケアなど、

色々な引き金が複雑に素肌に影響を及ぼします。

これらの要因によって素肌のターンオーバーがアンバランスになり、

古い角質や過剰に分泌された皮脂などで毛穴が詰まることによってニキビがはじまります。

ニキビができる主な原因

ニキビができるプロセスには主につぎのように3つの原因があります。

①過剰な皮脂

皮脂の分泌が多いTゾーンのおでこや眉間に思春期ニキビができます。

一方、大人ニキビは、いわゆるUゾーンの口周り、あごの周りに生じやすいと

言われています。

皮脂は素肌のカサつきを防ぐなどの皮膚のバリア機能にとって

重要な役割を担っています。

皮脂を分泌する皮脂腺は、顔ではTゾーンを主としてたくさん分布し、

皮脂の分泌が旺盛な思春期にニキビができやすくなります。

皮脂はアクネ菌の栄養分になり、アクネ菌が増えて、ニキビのもとが構成されます。

性ホルモンの分泌が活発な思春期とか、大人になってからはストレスなどが

原因でお肌が乾燥するとお肌を守ろうとするバリア機能がはたらき、

毛穴の奥の皮脂腺から皮脂がたくさん分泌されます。

②毛穴の詰まり

ニキビは古い角質や過剰に分泌された皮脂などが毛穴に詰まることから始まります。

毛穴の詰まりができる原因はいろいろあるのですが、素肌が乾燥し、ターンオーバーが

アンバランスになると角質層が厚くなって、古い角質が毛穴を塞いでしまうこともあります。

そのようになると毛穴の中では皮脂がたまり、にきびのもとが構成されていきます。

そんな毛穴の中で、アクネ菌は皮脂を栄養分にして増殖し、

炎症や肌トラブルを引き起こします。

③細菌の増殖

ニキビの原因となる主な細菌が、アクネ菌(Cutibacterium acnes)です。

アクネ菌は、ヒトの皮膚の表面に常に存在しているいわゆる常在菌で、

健康的な皮膚にもいるわけです。

アクネ菌は酸素が多くない毛穴の奥深い所を好み、皮脂を栄養成分にしています。

皮脂は、アクネ菌によって分解され、この分解された成分が素肌に

肌トラブルをもたらします。

また、アクネ菌によって産生される代謝物(ポルフィリン)が、ニキビをさらに

悪化させる原因となっています。

投稿日:

ニキビができにくい肌に変える化粧品の選び方

ニキビができにくい肌にするためにどのような化粧品を使ったらよいのでしょうか。

ほとんどの方は、はじめに、ニキビ肌向けに製品化された化粧品を選ばれます。

一般的に、ニキビ肌用とか、アクネケアなどと記載されている製品です。

ところで、あなたは、「ノンコメドジェニックテスト」をご存知でしょうか?

じつは、このテストは、ニキビができにくい化粧品選びで重要な意味をもっています。

ここでは、ニキビができにくい肌に変えるための重要なポイントについてご紹介します。

ニキビができにくい化粧品を選ぶ

ニキビの解消には「毛穴を詰まらせないこと」がポイントですね。

一番効果が高いのはファンデーションを塗らないことと専門医に言われたりしますが、

ノンファンデで人前に出るなんかは、なかなか女性にはできないものです。

そこで、ニキビを悪化させないテストともいえるノンコメドジェニックテスト済みの

ファンデーションなら、肌負担が少なくて済み、毛穴詰まりにも考慮されていますので、

ニキビの改善におすすめです。

ノンコメドジェニックテストとは?

一般的にニキビ肌用化粧品では開発段階でニキビのもとになりにくいことを確認する

「ノンコメドジェニックテスト」が実施されています。

このテストは、ニキビが出来にくい「ノン コメド ジェニック」であるかを確認する試験です。

ニキビの第一段階では、詰まった毛穴の中に乾いた皮脂や角質がたまります。

このたまった状態が「コメド」と呼ばれています。

目に見えない小さな塊がマイクロコメド、毛穴が開いて中身が見えている状態が黒ニキビ、

毛穴が閉じている状態が白ニキビと呼ばれています。

じつは、化粧品の油分がニキビを悪化させたり、コメドを出来やすくすることも

あり得ると考えられています。

コスメティックスの中に含まれている油分の全てがコメドの原因となっているとは

断言できませんが、

この試験によってその製品がコメドを惹起しにくいということを証明してくれています。

ニキビができにくい化粧品選びとして、まず最初にノンコメドジェニックテスト済みという

表記があるかどうか確認しましょう。

さらに、低刺激性のもの、パッチテスト済み、アレルギーテスト済みなどの記載も

重要ですので確認しましょう。

それ以外に、ニキビ肌の方が実際に使用して肌の荒れが出てこないかどうかを

確認されてあればより安心して使えることができます。

投稿日:

ニキビができにくくなるスキンケアとは?

ニキビ肌では、ノンコメドジェニックテストが重要であることを前の記事でご紹介しましたが、

ニキビの原因となる保湿・毛穴・細菌という3つのファクターにどのように

アプローチするかということも大切なキーポイントになります。

ここでは、その3つの要因に対する対策についてご紹介します。

ニキビ対策の3つポイント

それでは、具体的にその対策方法を3つ紹介します。

保湿対策

ニキビができにくい肌にするためには、保湿が重要です。

とくに、大人ニキビの場合には、乾燥肌からニキビができますので、

保湿がキーポイントになります。

一方、肌内部のバリア機能が悪化すると、素肌から水分が蒸発しやすくなります。

また、角質層の保湿成分が少なくなることでも、肌の保湿力は低下してしまいます。

スキンケア製品を選ぶときには、肌内部のバリア機能を支えてくれる成分があるのかどうか

また、セラミドなどの保湿成分を補ってくれるのかどうかが重要なポイントになります。

とはいえ、お肌のテカリやべたつきが気になる方は、保湿を控える傾向があります。

そのような方は、テカリが少ない、べたつきの感触が少ない化粧品を

選べばいいと思います。

最近では、肌内部のセラミドを増やし水分保持機能があるクリームも販売されています。

毛穴と皮脂の対策

ニキビのはじまりは毛穴のつまりです。毛穴の詰まりを踏まえた成分をセレクトし、

製品自体がにきびのもとになりにくいことを確認したノンコメドジェニックテスト済みのものを

選ぶと良いでしょう。

皮膚表面にある皮脂は、素肌から水分が蒸発することを防ぐ働きがありますので、

素肌にとっても必要なものです。

一方、過剰な皮脂は、アクネ菌の栄養成分になったり、紫外線などによって

ニキビの乱れが生じる原因にもなります。

ここで、大切なことは皮脂のバランスです。

必要な皮脂を取りすぎないで、過剰な皮脂や汚れは落としていくという

適切な洗浄をしてくれる洗顔料をセレクトすることが重要なポイントになります。

洗顔は、過剰な皮脂をおとすだけでなく、古い角質も取りのぞいてくれます。

特にグリコール酸やサリチル酸といった成分が配合された洗顔料には、

毛穴のつまりなどを取りのぞくマイルドピーリング作用がありますので、

お肌をやわらかくスムーズに整えてくれます。

細菌対策

皮膚の常在菌であるアクネ菌は皮脂成分を栄養素にしていますが、

同時に化粧品に含まれる油分も栄養素として取り込みます。

油分がたくさんあるオイルクレンジングやクリームなどの化粧品を使用して

ニキビができてしまったことを経験した方もおられます。

ここのところに対応するためニキビ用の化粧品はオイルフリーのものが

現在では増えてきています。

オイルフリーであることは、アクネ菌の栄養素になる油分が配合されていないため、

にきびができにくい肌環境作りには大切なキーポイントになります。

一方で、油分があっても、ノンコメドジェニックテスト済みと明記があるものは、

ニキビができにくいことを確認していますので、にきび肌の方でも大丈夫です。

さらに、ニキビ用に製品化された化粧品のなかにはアクネ菌の栄養素にならない油分や

保湿成分が含まれているものも見受けられます。

またアクネ菌が増えにくい弱酸性であることも重要なポイントです。

弱酸性と記載してある製品は、pHの記載があると思いますが、

pH:3.0 ≦ pH < 6.0 の範囲であれば大丈夫です。

有効成分として抗菌成分や殺菌成分が配合されているものがありますが、

アクネ菌に対してどうなのか確認しましょう。

投稿日:

出来てしまったニキビを1日でも早く治す方法とは

前回の記事では、ニキビができにくくなるスキンケアについてご紹介しましたが、

出来てしまったニキビにはどのように対処すればいいのでしょうか?

気になるニキビ、1日でも早く治したい!と焦る気持ちはわかりますが、

ここでは、冷静になってその対処方法を考えてみましょう。

ニキビが出来たらやってはいけないこと

ニキビを早く治したいけどなかなか治らない、ニキビ痕になってるかも?

こんなとき、間違ったスキンケアをしているのかもしれません。

はじめにニキビができたときやってはいけないことを紹介しますね。

やってはいけない①つぶしたり、膿を絞り出す

ニキビができたら押しつぶしてしまう方がいらっしゃいますが、

つぶす行為は絶対しないでください。

治りを遅くしちゃうことになるだけではなく、炎症がひどくなり、

ニキビ痕が生じることが多くなってしまいます。

押しつぶしてしまいたくなる気持ちは抑えて、触れないように我慢しましょう。

やってはいけない②ストレスを与える過剰なスキンケア

肌トラブルを治そうと、スクラブ剤や洗顔ブラシを使ったお手入れは絶対やめましょう。

スクラブ剤などによる過剰なスキンケアは、ただ肌を痛めつけ、

ダメージが引き起こされてしまうだけです。。

洗顔時は、しっかりと泡立てて、モリモリ泡でやんわり洗うのがコツです。

やってはいけない③保湿不足のスキンケア

肌がカサカサ状態にあると、肌を守ろうと皮脂成分が過剰に作られ

毛穴が詰まったり、皮脂が溜まったりして白ニキビができます。

そうなってしまうと、ニキビの元凶となっているアクネ菌が増えてきて

赤ニキビや白ニキビがたくさんできてきます。

しっかり保湿することで、肌のターンオーバーがセットされるので、

十分な保湿しっかりとおこなうことがポイントです。

ニキビのタイプ別対処方法

できてしまったニキビがどんな種類なのかご存知ですか?

あなたのニキビにはどんな方法が一番いいのかニキビのタイプ別に

その対処方法をご紹介します。

白ニキビの場合

毛穴に皮脂成分が詰まりぷくっと白く盛り上がった、比較的初期のニキビです。。

こんなときには、毛穴の内側に詰まった皮脂や古い角質を取り除くために

ピーリングが効果を発揮します。

AHA配合などのピーリング石鹸やピーリング美容液を使ってみます。

赤ニキビの場合

毛穴にふさがった皮脂にニキビ菌が増殖し、炎症が出現した状態です。

痛みや腫れが生じることもあります。

ニキビ菌による炎症をやわらげるために、抗炎症作用が期待できるビタミンCや

グリチルグリシン配合のスキンケア美容品を使うようにします。

黄ニキビの場合

炎症状態が進行し、毛穴の中で皮脂成分などが化膿して

黄色っぽくふくれ上がったニキビです。

ニキビ菌と戦った白血球が黄色に変色して、内部に溜まった状態ですが、

対処方法は、原則として赤ニキビのお手入れと変わらないです。

ニキビ跡を残さないために、肌のターンオーバーを促す発酵食品や

ビタミンB群とC群を体内に取り入れるインナーケアも意識しましょう。

また、香辛料などの刺激物や、油脂などの摂取をなるべく控えることも大切です。

投稿日: