にきびができる原因とは?

ニキビはほとんど思春期に起こり、思春期のシンボルとも言えそうですが、

じつは、20代・30代における大人ニキビで悩む方は相当いらっしゃいます。

思春期を過ぎてからの大人ニキビでは、ニキビ以外にもニキビ痕や毛穴の目立ち、

カサつきなどといったいくつかの肌トラブルの悩みがあることがよくあります。

ニキビは皮脂の分泌が多くある思春期に経験する確率が高いことから、

皮脂が原因と考えられることが多いですが、過剰な皮脂分泌だけが引き金ではありません。

年齢・ホルモンバランス・ストレス・生活習慣の乱れ・正しくないスキンケアなど、

色々な引き金が複雑に素肌に影響を及ぼします。

これらの要因によって素肌のターンオーバーがアンバランスになり、

古い角質や過剰に分泌された皮脂などで毛穴が詰まることによってニキビがはじまります。

ニキビができる主な原因

ニキビができるプロセスには主につぎのように3つの原因があります。

①過剰な皮脂

皮脂の分泌が多いTゾーンのおでこや眉間に思春期ニキビができます。

一方、大人ニキビは、いわゆるUゾーンの口周り、あごの周りに生じやすいと

言われています。

皮脂は素肌のカサつきを防ぐなどの皮膚のバリア機能にとって

重要な役割を担っています。

皮脂を分泌する皮脂腺は、顔ではTゾーンを主としてたくさん分布し、

皮脂の分泌が旺盛な思春期にニキビができやすくなります。

皮脂はアクネ菌の栄養分になり、アクネ菌が増えて、ニキビのもとが構成されます。

性ホルモンの分泌が活発な思春期とか、大人になってからはストレスなどが

原因でお肌が乾燥するとお肌を守ろうとするバリア機能がはたらき、

毛穴の奥の皮脂腺から皮脂がたくさん分泌されます。

②毛穴の詰まり

ニキビは古い角質や過剰に分泌された皮脂などが毛穴に詰まることから始まります。

毛穴の詰まりができる原因はいろいろあるのですが、素肌が乾燥し、ターンオーバーが

アンバランスになると角質層が厚くなって、古い角質が毛穴を塞いでしまうこともあります。

そのようになると毛穴の中では皮脂がたまり、にきびのもとが構成されていきます。

そんな毛穴の中で、アクネ菌は皮脂を栄養分にして増殖し、

炎症や肌トラブルを引き起こします。

③細菌の増殖

ニキビの原因となる主な細菌が、アクネ菌(Cutibacterium acnes)です。

アクネ菌は、ヒトの皮膚の表面に常に存在しているいわゆる常在菌で、

健康的な皮膚にもいるわけです。

アクネ菌は酸素が多くない毛穴の奥深い所を好み、皮脂を栄養成分にしています。

皮脂は、アクネ菌によって分解され、この分解された成分が素肌に

肌トラブルをもたらします。

また、アクネ菌によって産生される代謝物(ポルフィリン)が、ニキビをさらに

悪化させる原因となっています。

投稿日: