治ったあとのニキビ跡が気になる

ニキビが治ったと喜んでいたのもつかの間、お肌をよく見ると

治った跡が茶色になってるという経験はありませんか?

ここでは、一般的な炎症性ニキビよりもなかなか治りにくいと言われている

ニキビ跡の対処方法について考えてみます。

ニキビ跡の種類は

はじめに、治りにくいと言われているニキビ跡とはどういう状態なのかご紹介します。

じつは、ニキビ跡には大きく分類して3種類の状態があります。

①色素沈着状態

赤色とか茶色の染みがついた状態のもの。ただし、これは紫外線で出来たシミとは

違います。

②クレーター状態

皮膚表面がデコボコの状態になったクレーター状のもの。

ニキビを押しつぶした場合に出来てくる状態。

③ケロイド状態

皮膚が肥厚して盛り上がった状態で、炎症が治まってからも赤み・痛みなどを伴っている。

このように、ニキビ跡の種類によって外見上はまるっきり異なりなすが、いずれにしても

ニキビが消えてから、なかなか治らないのは共通しています。

お肌のターンオーバーがきちんと機能しなくなるために長い間治らなくなってしまいます。

ニキビ跡の基本的な対処方法とは

ニキビが治ったあとのニキビ跡に関しては、肌のターンオーバーの

自然回復力をフォローアップするのが重要です。

ニキビ跡の3種類のなかでクレーター状態になりますと皮膚科専門医に

診てもらうほうがいいですが、

他の色素沈着とか軽度のケロイド状態の場合には基本的な対処方法で大丈夫です。

ただし、基本的に肌のターンオーバーのサイクルが戻るまでに時間がかかることは

忘れないでください。

また、加齢による影響で、さらにそのサイクルが長くなってきます。

①ピーリング週に2~3回実施

ピーリングつまり、古い角質を取り除いて、肌本来の新しい角質に取り戻すことですが、

ピーリングには、ケミカルピーリング・クリスタルピーリング・レーザーピーリングの

3種類があります。

ここでは、もちろん、AHAあるいはBHAを用いたケミカルピーリングのことです。

最初に実施するピーリングはマイルなAHAから始めるのがおすすめです。

②ビタミンCを含む化粧水・サプリメントの摂取

ニキビ跡が残らないように、ビタミンC誘導体が入っている化粧水を使用したり、

また、サプリメントのビタミンCやLシステインなどを摂取することも効果的です。

③保湿

皮膚表面が乾燥していたり、水分が不足した状態だと皮脂腺から過剰に皮脂が分泌されて

ニキビ跡が悪化します。皮膚表面をしっかり保湿した状態に維持すると皮膚のバリア機能も

回復し肌のターンオーバーを促進してくれます。

投稿日: