ニキビができにくい肌に変える化粧品の選び方

ニキビができにくい肌にするためにどのような化粧品を使ったらよいのでしょうか。

ほとんどの方は、はじめに、ニキビ肌向けに製品化された化粧品を選ばれます。

一般的に、ニキビ肌用とか、アクネケアなどと記載されている製品です。

ところで、あなたは、「ノンコメドジェニックテスト」をご存知でしょうか?

じつは、このテストは、ニキビができにくい化粧品選びで重要な意味をもっています。

ここでは、ニキビができにくい肌に変えるための重要なポイントについてご紹介します。

ニキビができにくい化粧品を選ぶ

ニキビの解消には「毛穴を詰まらせないこと」がポイントですね。

一番効果が高いのはファンデーションを塗らないことと専門医に言われたりしますが、

ノンファンデで人前に出るなんかは、なかなか女性にはできないものです。

そこで、ニキビを悪化させないテストともいえるノンコメドジェニックテスト済みの

ファンデーションなら、肌負担が少なくて済み、毛穴詰まりにも考慮されていますので、

ニキビの改善におすすめです。

ノンコメドジェニックテストとは?

一般的にニキビ肌用化粧品では開発段階でニキビのもとになりにくいことを確認する

「ノンコメドジェニックテスト」が実施されています。

このテストは、ニキビが出来にくい「ノン コメド ジェニック」であるかを確認する試験です。

ニキビの第一段階では、詰まった毛穴の中に乾いた皮脂や角質がたまります。

このたまった状態が「コメド」と呼ばれています。

目に見えない小さな塊がマイクロコメド、毛穴が開いて中身が見えている状態が黒ニキビ、

毛穴が閉じている状態が白ニキビと呼ばれています。

じつは、化粧品の油分がニキビを悪化させたり、コメドを出来やすくすることも

あり得ると考えられています。

コスメティックスの中に含まれている油分の全てがコメドの原因となっているとは

断言できませんが、

この試験によってその製品がコメドを惹起しにくいということを証明してくれています。

ニキビができにくい化粧品選びとして、まず最初にノンコメドジェニックテスト済みという

表記があるかどうか確認しましょう。

さらに、低刺激性のもの、パッチテスト済み、アレルギーテスト済みなどの記載も

重要ですので確認しましょう。

それ以外に、ニキビ肌の方が実際に使用して肌の荒れが出てこないかどうかを

確認されてあればより安心して使えることができます。

投稿日: